統計関数

Excelの「統計」カテゴリの関数は、データ分析や統計的処理を容易に行うための一連のツールを提供します。これには、平均値や中央値、モードなどの中心傾向を計算する基本的な関数(AVERAGE、MEDIAN、MODEなど)から、標準偏差や分散といった分散の指標を計算する関数(STDEV、VARなど)、さらには回帰分析や相関係数の計算(LINEST、CORRELなど)に至るまで、様々な統計手法をサポートする関数が含まれます。これらは、データ解析、予測モデリング、品質管理などに使われます。

AVEDEV関数の詳細解説(Excel)

ExcelのAVEDEV関数の使い方 ExcelのAVEDEV関数は、データセットの平均からの偏差の平均値を求める際に使用されます。この記事では、AVEDEV関数の使い方や使用例...

続きを読む

AVERAGE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのAVERAGE関数の使い方 この記事では、Excelの「AVERAGE関数」の使い方について解説します。AVERAGE関数は、指定された数値の平均値を計算するための関...

続きを読む

AVERAGEA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのAVERAGEA関数の使い方 この記事では、Excelの「AVERAGEA関数」の使い方を初級者向けに解説していきます。AVERAGEA関数は、指定されたセル範囲の平...

続きを読む

AVERAGEIF関数の詳細解説(Excel)

ExcelのAVERAGEIF関数の使い方 この記事では、Excelの「AVERAGEIF関数」の使い方を解説します。AVERAGEIF関数は、特定の条件に合致するセルの平均値を...

続きを読む

AVERAGEIFS関数の詳細解説(Excel)

ExcelのAVERAGEIFS関数の使い方 AVERAGEIFS関数は、複数の条件に一致するセルの平均値を計算するためのExcel関数です。この記事では、AVERAGEIFS関...

続きを読む

BETA.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのBETA.DIST関数の使い方 ExcelのBETA.DIST関数は、ベータ分布の確率密度関数や累積分布関数を計算するための関数です。ベータ分布は、0と1の間の確率変...

続きを読む

BETA.INV関数の詳細解説(Excel)

ExcelのBETA.INV関数の使い方 ExcelのBETA.INV関数は、ベータ分布の累積分布関数の逆関数を計算するための関数です。この関数を使うことで、指定された確率に対応...

続きを読む

BINOM.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのBINOM.DIST関数の使い方に関する解説 ExcelのBINOM.DIST関数は、二項分布に従う確率を計算するための関数です。二項分布は、独立した試行を複数回行っ...

続きを読む

BINOM.DIST.RANGE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのBINOM.DIST.RANGE関数の使い方 BINOM.DIST.RANGE関数は、二項分布に基づく確率の範囲を計算するための関数です。試行回数、成功率、および成功...

続きを読む

BINOM.INV関数の詳細解説(Excel)

ExcelのBINOM.INV関数の使い方 BINOM.INV関数は、二項分布に基づいて、指定された累積確率に対応する成功数を求めるための関数です。この関数は、品質管理や統計学な...

続きを読む

CHISQ.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCHISQ.DIST関数の使い方 CHISQ.DIST関数は、カイ二乗分布に基づいて、指定された確率密度関数(PDF)または累積分布関数(CDF)を計算するための関数...

続きを読む

CHISQ.DIST.RT関数の詳細解説(Excel)

Excel CHISQ.DIST.RT関数の使い方 本記事では、Excelの「CHISQ.DIST.RT関数」の使い方について解説します。CHISQ.DIST.RT関数は、カイ二...

続きを読む

CHISQ.INV関数の詳細解説(Excel)

Excel CHISQ.INV関数の使い方と解説 統計解析において、カイ二乗分布は重要な役割を果たします。Excelでは、カイ二乗分布に関連する様々な関数を提供しています。今回は...

続きを読む

CHISQ.INV.RT関数の詳細解説(Excel)

Excel CHISQ.INV.RT関数の使い方と解説 Excelの「CHISQ.INV.RT関数」は、カイ二乗分布の右側確率を与えると、対応するカイ二乗値を計算するための関数で...

続きを読む

CHISQ.TEST関数の詳細解説(Excel)

Excel CHISQ.TEST関数の使い方と解説 Excelの「CHISQ.TEST関数」は、実測値と期待値の間に統計的に有意な差があるかどうかをカイ二乗検定を用いて検証するた...

続きを読む

CONFIDENCE.NORM関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCONFIDENCE.NORM関数の使い方 ExcelのCONFIDENCE.NORM関数は、正規分布に基づく信頼区間を計算するための関数です。この記事では、CONF...

続きを読む

CONFIDENCE.T関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCONFIDENCE.T関数の使い方 ExcelのCONFIDENCE.T関数は、t分布に基づく信頼区間を計算するための関数です。この記事では、CONFIDENCE....

続きを読む

CORREL関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCORREL関数の使い方 ExcelのCORREL関数は、2つのデータの相関係数を計算するための関数です。相関係数は、2つの変数間の相互関係の強さと方向を示す数値で、...

続きを読む

COUNT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCOUNT関数の使い方 ExcelのCOUNT関数は、指定した範囲内の数値データの個数をカウントする関数です。この記事では、COUNT関数の使い方について解説し、初心...

続きを読む

COUNTA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCOUNTA関数の使い方 Excelには、様々なデータの個数をカウントするための関数が用意されています。その中でも、空白セル以外のセルをカウントする「COUNTA関数...

続きを読む

COUNTBLANK関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCOUNTBLANK関数の使い方 Excelでデータを扱う際、空白セルがどれだけ含まれているかを知りたいことがあります。このような場合に便利なのが「COUNTBLAN...

続きを読む

COUNTIF関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCOUNTIF関数の使い方を解説 Excelでデータを分析する際、特定の条件に合致するセルの個数をカウントしたいことがあります。そのような場合に役立つのが、「COUN...

続きを読む

COUNTIFS関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCOUNTIFS関数の使い方 ExcelのCOUNTIFS関数は、複数の条件に一致するセルの個数をカウントするための関数です。この記事では、COUNTIFS関数の構文...

続きを読む

COVARIANCE.P関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCOVARIANCE.P関数の使い方 ExcelのCOVARIANCE.P関数は、2つのデータ配列間の共分散を計算するための関数です。共分散は、2つの変数がどれだけ同...

続きを読む

COVARIANCE.S関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCOVARIANCE.S関数の使い方 この解説記事では、ExcelのCOVARIANCE.S関数の使い方について説明します。COVARIANCE.S関数は、2つのデー...

続きを読む

DEVSQ関数の詳細解説(Excel)

ExcelのDEVSQ関数の使い方 ExcelのDEVSQ関数は、与えられた数値の平均からの偏差の二乗和を計算するための関数です。この記事では、DEVSQ関数の使い方と具体的なサ...

続きを読む

EXPON.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのEXPON.DIST関数の使い方 この記事では、ExcelのEXPON.DIST関数の使い方を解説します。EXPON.DIST関数は、指数分布の確率密度関数や累積分布...

続きを読む

F.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのF.DIST関数の使い方について ExcelのF.DIST関数は、F分布に関する確率密度関数や累積分布関数を計算するための関数です。F分布は、分散分析や回帰分析などの...

続きを読む

F.DIST.RT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのF.DIST.RT関数の使い方 ExcelのF.DIST.RT関数は、F分布の右側確率(1-累積分布関数)を計算するための関数です。この記事では、F.DIST.RT関...

続きを読む

F.INV関数の詳細解説(Excel)

Excel F.INV関数の使い方と解説 F.INV関数は、指定された確率に基づいてF分布の逆関数を計算するために使用されるExcelの関数です。統計解析や分散分析、回帰分析など...

続きを読む

F.INV.RT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのF.INV.RT関数の使い方を解説 この記事では、Excelの「F.INV.RT関数」の使い方について解説します。F.INV.RT関数は、F分布の右側確率から、対応す...

続きを読む

F.TEST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのF.TEST関数の使い方 この記事では、ExcelのF.TEST関数の使い方について解説します。F.TEST関数は、2つのデータ配列の分散が等しいかどうかを調べるため...

続きを読む

FISHER関数の詳細解説(Excel)

Excel FISHER関数の使い方と解説 ExcelのFISHER関数は、相関係数をフィッシャー変換を用いて変換する関数です。この記事では、FISHER関数の使い方と実践的な例...

続きを読む

FISHERINV関数の詳細解説(Excel)

ExcelのFISHERINV関数の使い方 この記事では、ExcelのFISHERINV関数の使い方を解説します。FISHERINV関数は、フィッシャー変換された値を元の相関係数...

続きを読む

FORECAST.ETS関数の詳細解説(Excel)

ExcelのFORECAST.ETS関数の使い方 ExcelのFORECAST.ETS関数は、過去のデータに基づいて将来の値を予測するために使用されます。この関数は、指数平滑法を...

続きを読む

FREQUENCY関数の詳細解説(Excel)

ExcelのFREQUENCY関数の使い方 ExcelのFREQUENCY関数は、与えられたデータの度数分布(各区間に含まれるデータの個数)を計算するのに役立ちます。この記事では...

続きを読む

GAMMA関数の詳細解説(Excel)

Excel GAMMA関数の使い方 この記事では、ExcelのGAMMA関数について解説します。GAMMA関数は、ガンマ関数と呼ばれる特殊な関数を計算するために使用されます。ガン...

続きを読む

GAMMA.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのGAMMA.DIST関数の使い方 この記事では、ExcelのGAMMA.DIST関数の使い方について解説します。GAMMA.DIST関数は、ガンマ分布の確率密度関数(...

続きを読む

GAMMA.INV関数の詳細解説(Excel)

ExcelでGAMMA.INV関数を使ってガンマ分布の逆関数を求める方法 この記事では、Excelの「GAMMA.INV関数」の使い方について解説します。GAMMA.INV関数は...

続きを読む

GAMMALN関数の詳細解説(Excel)

ExcelのGAMMALN関数の使い方と活用方法 ExcelのGAMMALN関数は、ガンマ関数の自然対数を計算するために使用されます。ガンマ関数は統計学や確率論で広く用いられてい...

続きを読む

GAMMALN.PRECISE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのGAMMALN.PRECISE関数の使い方 この記事では、Excelの「GAMMALN.PRECISE関数」の使い方について解説します。GAMMALN.PRECISE...

続きを読む

GAUSS関数の詳細解説(Excel)

ExcelのGAUSS関数の使い方 この記事では、Excelの「GAUSS関数」について解説します。GAUSS関数は、正規分布の累積分布関数(CDF)から0.5を引いた値を計算す...

続きを読む

GEOMEAN関数の詳細解説(Excel)

ExcelのGEOMEAN関数の使い方と解説 ExcelのGEOMEAN関数は、与えられた数値データの幾何平均(相乗平均)を計算するために使用される関数です。幾何平均は、一連の正...

続きを読む

GROWTH関数の詳細解説(Excel)

ExcelのGROWTH関数の使い方について解説 ExcelのGROWTH関数は、指数関数によって既知のデータに最も適合する曲線を求め、新しいx値に対応するy値を予測するために使...

続きを読む

HARMEAN関数の詳細解説(Excel)

ExcelのHARMEAN関数の使い方 ExcelのHARMEAN関数は、指定された数値の調和平均を計算するのに使用されます。この記事では、HARMEAN関数の使い方と、具体的な...

続きを読む

HYPGEOM.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのHYPGEOM.DIST関数の使い方 ExcelのHYPGEOM.DIST関数は、超幾何分布の確率を計算する際に使用されます。超幾何分布は、有限の母集団から無作為に標...

続きを読む

INTERCEPT関数の詳細解説(Excel)

Excel INTERCEPT関数の使い方 ExcelのINTERCEPT関数は、既知のxおよびyのデータから、線形回帰モデルの切片を計算する際に使用します。この記事では、INT...

続きを読む

KURT関数の詳細解説(Excel)

Excel KURT関数の使い方 ExcelのKURT関数は、データセットの尖度を計算するために使用されます。尖度は、データの分布が正規分布からどれだけ尖っているか(ピークが高い...

続きを読む

LARGE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのLARGE関数の使い方 ExcelのLARGE関数は、データセットから指定した順位の値を返す関数です。本記事では、LARGE関数の使い方について解説し、初級者でもわか...

続きを読む

LINEST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのLINEST関数の使い方 ExcelのLINEST関数は、指定したデータセットに対して線形回帰分析を行い、回帰直線の係数や切片などの情報を提供する関数です。本記事では...

続きを読む

LOGEST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのLOGEST関数の使い方を解説 ExcelのLOGEST関数は、指数回帰分析を行い、回帰曲線の係数や切片などの情報を求めるための関数です。本記事では、LOGEST関数...

続きを読む

LOGNORM.INV関数の詳細解説(Excel)

ExcelのLOGNORM.INV関数の使い方 この記事では、Excelの「LOGNORM.INV関数」の使い方について解説します。LOGNORM.INV関数は、対数正規分布の累...

続きを読む

LOGNORM.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのLOGNORM.DIST関数の使い方 ExcelのLOGNORM.DIST関数は、対数正規分布の確率密度関数や累積分布関数を計算するための関数です。この記事では、LO...

続きを読む

MAX関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMAX関数の使い方 ExcelのMAX関数は、指定された数値の中から最大値を返す関数です。この記事では、MAX関数の使い方と、初級者にもわかりやすい実例を通じて、関数...

続きを読む

MAXA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMAXA関数の使い方について ExcelのMAXA関数は、数値だけでなく、文字列や真偽値も考慮して最大値を返す関数です。本記事では、MAXA関数の使い方や引数の説明、...

続きを読む

MAXIFS関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMAXIFS関数の使い方 本記事では、Excelの「MAXIFS関数」の使い方について解説します。この関数は、指定した複数の条件に一致するデータの中から最大値を求める...

続きを読む

MEDIAN関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMEDIAN関数の使い方 この記事では、Excelの「MEDIAN関数」の使い方について解説します。MEDIAN関数は、与えられた数値の中央値を求めるための関数です。...

続きを読む

MIN関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMIN関数の使い方 この記事では、Excelの「MIN関数」の使い方について解説します。MIN関数は、引数で指定した複数の数値のうち最小値を求めるための関数です。初級...

続きを読む

MINA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMINA関数の使い方 この記事では、Excelの「MINA関数」の使い方について解説します。MINA関数は、引数で指定した複数の数値や論理値のうち、最小値を求めるため...

続きを読む

MINIFS関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMINIFS関数の使い方 この記事では、Excelの「MINIFS関数」の使い方について解説します。MINIFS関数は、指定した条件に一致する範囲内の数値のうち、最小...

続きを読む

MODE.MULT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMODE.MULT関数の使い方 Excelには、さまざまな統計関数が用意されており、その中の1つが「MODE.MULT関数」です。この記事では、MODE.MULT関数...

続きを読む

MODE.SNGL関数の詳細解説(Excel)

ExcelのMODE.SNGL関数の使い方 MODE.SNGL関数とは MODE.SNGL関数は、データセット内で最も頻繁に出現する値(最頻値)を求めるための関数です。複数の最...

続きを読む

NEGBINOM.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのNEGBINOM.DIST関数の使い方 この記事では、ExcelのNEGBINOM.DIST関数の使い方について解説します。NEGBINOM.DIST関数は、負の二項...

続きを読む

NORM.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのNORM.DIST関数の使い方 ExcelのNORM.DIST関数は、正規分布の確率密度関数や累積分布関数を計算する際に使用される関数です。この記事では、NORM.D...

続きを読む

NORM.S.INV関数の詳細解説(Excel)

ExcelのNORM.S.INV関数の使い方 この記事では、Excelの「NORM.S.INV関数」について解説します。この関数は、標準正規分布の累積分布関数の逆関数を計算するた...

続きを読む

PEARSON関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPEARSON関数の使い方について ExcelのPEARSON関数は、2つのデータ配列の間の相関係数(ピアソンの積率相関係数)を計算する際に使用されます。相関係数は、...

続きを読む

PERCENTILE.EXC関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPERCENTILE.EXC関数の使い方 ExcelのPERCENTILE.EXC関数は、データセット内の特定のパーセンタイル値を求める関数です。パーセンタイルは、デ...

続きを読む

PERCENTILE.INC 関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPERCENTILE.INC関数の使い方について ExcelのPERCENTILE.INC関数は、データセット内の特定のパーセンタイル値を求めるための関数です。この記...

続きを読む

PERCENTRANK.EXC 関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPERCENTRANK.EXC関数の使い方について解説 Excelには、データセット内の特定の値が何パーセントランクに位置するかを求めるための関数「PERCENTRA...

続きを読む

PERCENTRANK.INC関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPERCENTRANK.INC関数の使い方 ExcelのPERCENTRANK.INC関数は、データセット内の特定の値がその分布に対してどの位置にあるのかをパーセン...

続きを読む

PERMUT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPERMUT関数の使い方 ExcelのPERMUT関数は、標本数から抜き取り数分だけ選ぶときの順列(並べ方)の総数を計算する関数です。この記事では、PERMUT関数の...

続きを読む

PERMUTATIONA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPERMUTATIONA関数の使い方 Excelの「PERMUTATIONA関数」は、総数から抜き取り数分選ぶ場合の重複を許す順列(並べ方)の総数を計算する関数です。...

続きを読む

PHI関数の詳細解説(Excel)

Excel PHI関数の使い方 本記事では、ExcelのPHI関数の使い方について解説します。PHI関数は、標準正規分布の密度関数の値を計算するための関数です。ここでは、PHI関...

続きを読む

POISSON.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPOISSON.DIST関数の使い方 ExcelのPOISSON.DIST関数は、ポアソン分布を利用して確率や累積確率を計算する際に使用されます。本記事では、POIS...

続きを読む

PROB関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPROB関数の使い方 ExcelのPROB関数は、ある範囲の確率変数の値に対応する確率を計算するための関数です。この記事では、PROB関数の構文や引数について詳しく解...

続きを読む

QUARTILE.EXC関数の詳細解説(Excel)

ExcelのQUARTILE.EXC関数の使い方 ExcelのQUARTILE.EXC関数は、データセットの指定された四分位数を計算するために使用されます。この記事では、QUAR...

続きを読む

QUARTILE.INC関数の詳細解説(Excel)

ExcelのQUARTILE.INC関数の使い方 ExcelのQUARTILE.INC関数は、データセットの四分位数を計算するために使用されます。この記事では、QUARTILE....

続きを読む

RANK.AVG関数の詳細解説(Excel)

ExcelのRANK.AVG関数の使い方 ExcelのRANK.AVG関数は、指定した数値がデータセット内でどの位置にランクされるかを平均値で返す関数です。この記事では、RANK...

続きを読む

RANK.EQ関数の詳細解説(Excel)

ExcelのRANK.EQ関数の使い方 ExcelのRANK.EQ関数は、指定した数値がデータセット内でどの位置にランクされるかを返す関数です。この記事では、RANK.EQ関数の...

続きを読む

RSQ関数の詳細解説(Excel)

ExcelのRSQ関数の使い方 ExcelのRSQ関数は、2つのデータセット間の相関関係を評価するために使用される関数です。具体的には、2つのデータセット間の相関係数の二乗(R^...

続きを読む

SKEW関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSKEW関数の使い方 この記事では、Excelの「SKEW関数」の使い方について詳しく解説します。SKEW関数は、データセットの歪度(データの非対称性を示す統計量)を...

続きを読む

SKEW.P関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSKEW.P関数の使い方 この記事では、Excelの「SKEW.P関数」の使い方について解説します。SKEW.P関数は、データセットの歪度(非対称性)を計算するための...

続きを読む

SLOPE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSLOPE関数の使い方 この記事では、Excelの「SLOPE関数」の使い方について解説します。SLOPE関数は、2つのデータセット間の線形回帰の傾きを計算するための...

続きを読む

SMALL関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSMALL関数の使い方 ExcelのSMALL関数は、指定された配列から、指定された順位に相当する値を返す関数です。この記事では、SMALL関数の使い方とその応用方法...

続きを読む

STANDARDIZE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSTANDARDIZE関数の使い方 ExcelのSTANDARDIZE関数は、データを標準化するための関数です。標準化とは、データの平均を0、標準偏差を1にする処理の...

続きを読む

STDEV.P関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSTDEV.P関数の使い方 ExcelのSTDEV.P関数は、データの母集団標準偏差を計算するための関数です。標準偏差は、データのばらつきや変動を測るために使われる指...

続きを読む

STDEV.S関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSTDEV.S関数の使い方 この記事では、ExcelのSTDEV.S関数の使い方について詳しく解説していきます。STDEV.S関数は、データの標本標準偏差を計算するた...

続きを読む

STDEVA関数の詳細解説(Excel)

Excel STDEVA関数の使い方 ExcelのSTDEVA関数は、データセットの標準偏差を計算する際に使用されます。STDEVA関数は、数値だけでなく、論理値やテキストも考慮...

続きを読む

STDEVPA関数の詳細解説(Excel)

Excel STDEVPA関数の使い方 ExcelのSTDEVPA関数は、数値データだけでなく、論理値やテキストデータも含めたデータセット全体の標準偏差を計算するための関数です。...

続きを読む

STEYX関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSTEYX関数の使い方とサンプル解説 ExcelのSTEYX関数は、2つのデータセットの間の線形回帰の予測誤差(標準誤差)を計算するための関数です。この記事では、ST...

続きを読む

T.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのT.DIST関数の使い方 ExcelのT.DIST関数は、t分布の累積確率密度関数(CDF)または確率密度関数(PDF)を計算するための関数です。この記事では、T.D...

続きを読む

T.DIST.2T関数の詳細解説(Excel)

Excel T.DIST.2T関数の使い方 ExcelのT.DIST.2T関数は、t分布の両側確率を計算するのに使用されます。この関数は、t検定などの統計解析でよく使用されるため...

続きを読む

T.DIST.RT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのT.DIST.RT関数の使い方を解説! 統計解析において、t分布は非常に重要な役割を果たしています。Excelでは、t分布に関連する様々な関数が用意されており、その中...

続きを読む

T.INV関数の詳細解説(Excel)

ExcelのT.INV関数の使い方について解説 Excelには、統計解析を行うための多くの関数が用意されています。その中で、今回は「T.INV関数」の使い方について解説します。T...

続きを読む

T.INV.2T関数の詳細解説(Excel)

Excel T.INV.2T関数の使い方と解説 ExcelのT.INV.2T関数は、t分布の両側確率からt値を求めるための関数です。統計解析や仮説検定などで使用されることがありま...

続きを読む

T.TEST関数の詳細解説(Excel)

Excel T.TEST関数の使い方 ExcelのT.TEST関数は、2つのデータ配列間でt検定を行い、帰無仮説の棄却または採択を判断するためのp値を返す関数です。この記事では、...

続きを読む

TREND関数の詳細解説(Excel)

Excel TREND関数の使い方 ExcelのTREND関数は、既知のデータをもとに線形回帰を行い、新しいxの値に対応するyの予測値を求める関数です。この記事では、TREND関...

続きを読む

TRIMMEAN関数の詳細解説(Excel)

ExcelのTRIMMEAN関数の使い方とサンプル ExcelのTRIMMEAN関数は、データセットの平均を求める際に、最小値と最大値を除いた部分集合から計算することができます。...

続きを読む

VAR.P関数の詳細解説(Excel)

ExcelのVAR.P関数の使い方 この記事では、Excelの「VAR.P関数」の使い方について解説します。VAR.P関数は、データセット全体の分散を求めるのに使われます。分散は...

続きを読む

VAR.S関数の詳細解説(Excel)

ExcelのVAR.S関数の使い方 この記事では、Excelの「VAR.S関数」の使い方について解説します。VAR.S関数は、サンプルデータの分散を計算する際に使用します。分散は...

続きを読む

VARA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのVARA関数の使い方 ExcelのVARA関数は、データセットの分散を計算するために使用される関数です。VARA関数は、数値だけでなく、論理値や文字列も含むデータセッ...

続きを読む

VARPA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのVARPA関数の使い方 ExcelのVARPA関数は、数値や論理値(TRUE/FALSE)、エラー値、文字列を含むデータセットの母集団分散を計算するための関数です。こ...

続きを読む

WEIBULL.DIST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのWEIBULL.DIST関数の使い方 この記事では、Excelの「WEIBULL.DIST 関数」の使い方について解説します。WEIBULL.DIST関数は、ワイブル...

続きを読む

Z.TEST関数の詳細解説(Excel)

ExcelのZ.TEST関数の使い方 この記事では、Excelの「Z.TEST関数」の使い方について説明します。Z.TEST関数は、母平均を検定するためのz検定を行う関数です。こ...

続きを読む

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました