最新のWordで2003・XP以前の機能を有効にする・互換モード

Word 2007,2010,2013,2016において、2003バージョンで使っていた一部の機能を使えるようにすることができます。

ただしこの方法では既存の文書のレイアウトが崩れたり、最新機能を使っていた部分が編集不可となる可能性があります。
また、以後は最新機能の一部が使えなくなります。
したがって一時しのぎの手法だと思ってください。

それは保存の際に[ファイルの種類]を「Word97-2003文書」にするという方法です。
作成中の文書を一旦保存するのです。
ただしレイアウトが崩壊する可能性があるので、保存前にバックアップは取っておきましょう([ファイルの種類]は「Word文書」のまま、別の名前で保存しておく)。

以下のようなメッセージが表示される場合があります。
最新機能を使用している部分が編集不可となる場合があります。
バックアップをとってあるならば[続行]します。

こうするとタイトルバーに[互換モード]と表示されるようになります。
一部の機能の操作方法が旧バージョンと近いものに変わります。
例えばワードアートなどを旧形式の方法で作成できるようになります。
他にも図形・オブジェクトの配置・整列などの操作方法が旧バージョンと近いものに変わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。