クリップボードを空にできません。別のアプリケーションがクリップボードを使用している可能性があります

Excelで「クリップボードを空にできません。別のアプリケーションがクリップボードを使用している可能性があります。」というエラーメッセージが表示される場合、その主な原因としては他のアプリケーションがクリップボードを占有している、あるいはExcel自体の一時的な問題が考えられます。

以下、いくつかの対処方法を紹介します:

  1. 他のアプリケーションの終了:クリップボードを占有している可能性がある他のアプリケーションを閉じてみてください。特にウェブブラウザや画像編集ソフト、Officeの他のアプリケーション(WordやPowerPoint)などが該当することが多いです。
  2. Excelの再起動:Excel自体を一度閉じて再度開くことで、Excelの一時的な問題が解消することがあります。ただし、未保存のデータがある場合は事前に保存を行ってください。
  3. PCの再起動:PC自体を再起動することで、クリップボードを占有しているアプリケーションが終了し、クリップボードが解放されます。
  4. クリップボードの履歴のクリア:Windows 10では、クリップボードの履歴を保存する機能があります。これが原因である場合もありますので、設定からクリップボードの履歴をクリアしてみてください。設定 > システム > クリップボード から「クリップボードデータの全削除」を選択します。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました