Excelで四捨五入を実現する関数:ROUND関数とMROUND関数の使い方

Excelで数値を四捨五入する際、ROUND関数とMROUND関数が役立ちます。この記事では、それぞれの関数の使い方と違いについて説明します。

ROUND関数

ROUND関数は、指定した小数点以下の桁数で数値を四捨五入します。

構文: =ROUND(数値, 桁数)

  • 数値:四捨五入する数値。
  • 桁数:四捨五入したい小数点以下の桁数。負の数を指定すると、整数部の桁で四捨五入できます。

例: =ROUND(3.4567, 2) は3.46に四捨五入されます。

MROUND関数

MROUND関数は、指定した倍数に最も近い値に数値を四捨五入します。

構文: =MROUND(数値, 倍数)

  • 数値:四捨五入する数値。
  • 倍数:四捨五入したい最も近い倍数。

例: =MROUND(18, 5) は20に四捨五入されます。

ROUND関数とMROUND関数の違い

ROUND関数は、小数点以下の指定した桁数で四捨五入を行いますが、MROUND関数は指定した倍数に最も近い値に四捨五入します。したがって、ROUND関数は小数点以下の精度を制御する場合に適しており、MROUND関数は特定の単位で丸めたい場合に適しています。

まとめ

Excelで四捨五入を行う場合、ROUND関数とMROUND関数を使用できます。ROUND関数は指定した小数点以下の桁数で四捨五入を行い、MROUND関数は指定した倍数に最も近い値に四捨五入します。用途に応じて、適切な関数を選択して使用しましょう。

この記事で、Excelの四捨五入関数であるROUND関数とMROUND関数の使い方と違いについて理解できたことでしょう。どちらの関数も日常的なデータ処理や数値計算で非常に便利です。関数の適切な使い方を身につけることで、効率的で正確な数値処理が可能になります。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました