全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示する計算式

Excelで全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示する方法

今回は、Excelを使用して全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示する方法について解説します。主に使用する関数は CODE 関数DEC2HEX 関数LOWER 関数です。

基本的な計算式

以下の式は「セル番地」に入力されている全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示します。出力結果は各漢字の16進数コードになります。「セル番地」は2か所にセットします。

=LOWER(DEC2HEX(CODE(セル番地)))

例えば、セルA1に「山」という漢字が入力されている場合、以下の式となります。

=LOWER(DEC2HEX(CODE(A1)))

この計算式を使用することで、全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示することができます。具体的な例を用いて、計算式の構造を詳しく見ていきましょう。

全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示する計算式

全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示する計算式

全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示する計算式

計算式の構造

=LOWER(DEC2HEX(CODE(セル番地)))

この計算式は、以下のように各部分に分解できます。

  • CODE(セル番地): 漢字が入力されているセルから、その文字のJISコード値を取得します。
  • DEC2HEX(CODE(セル番地)): 取得したCODE値を10進数から16進数に変換します。
  • LOWER(DEC2HEX(CODE(セル番地))): 変換した16進数の文字列を小文字に変換します。

具体的な使用例

例えば、セルA1:A4に以下のデータがあるとします。

セル内容
A1
A2
A3
A4

セルB1に以下の計算式を入力します。

=LOWER(DEC2HEX(CODE(A1)))

この計算式をB2からB4までオートフィルすると、以下のように表示されます。

セル内容JISコード
A15c71
A27530
A34e00
A490ce

CODE関数の詳細

CODE 関数は、指定された文字のCODE値を返します。半角文字ならばASCIIコード、全角文字ならばJISコードを返します。例えば、セルA1に「山」が入力されている場合、次のようにCODE値が返されます。

=CODE(A1)  ' 結果: 15155

DEC2HEX関数の詳細

DEC2HEX 関数は、10進数の値を16進数に変換します。例えば、CODE値「15155」を16進数に変換する場合、次のようになります。

=DEC2HEX(15155)  ' 結果: 3B33

LOWER関数の詳細

LOWER 関数は、指定された文字列を小文字に変換します。例えば、16進数値「3B33」を小文字に変換する場合、次のようになります。

=LOWER("3B33")  ' 結果: 3b33

このように、Excelの関数を組み合わせることで、全角漢字のJISコードを小文字の16進数で表示することができます。ぜひ試してみてください。

コメント

PAGE TOP