正規分布に従う乱数の作成方法

Excel で使える正規分布に従う数式をご紹介いたします。

なおExcel 2007以前をお使いの場合には、「NORM.INV」関数ではなく「NORMINV」をご利用ください。

正規分布に従う乱数

=NORM.INV(RAND(),平均,標準偏差)

です。「平均=50」「標準偏差=10」だと

=NORM.INV(RAND(),50,10)

となりますね。

正規分布に従う乱数(整数限定)

発生する値を「整数」にする場合には以下のように「ROUND(元の式,0)」の形式で囲みます。小数点1桁目を四捨五入して整数としています。

=ROUND(NORM.INV(RAND(),平均,標準偏差),0)

以下は「平均=50」「標準偏差=10」のときの例です。

=ROUND(NORM.INV(RAND(),50,10),0)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.