情報関数

Excelの「情報」カテゴリの関数は、セルや数式の情報を返すものが多く含まれています。これらの関数は、特定の条件を満たすかどうかを判断したり、セルの属性やエラー情報を取得したりするのに使用されます。例えば、ISNUMBER関数やISTEXT関数は、セルの値が数値やテキストであるかどうかをチェックします。また、ISERROR関数やISNA関数は、セルにエラーが存在するかを調べます。これらの関数は、エラーチェックや条件に基づいた計算、データの整合性確認などに役立ちます。

CELL関数の詳細解説(Excel)

ExcelのCELL関数の使い方 Excelの「CELL関数」は、セルに関する情報を取得するために使用される関数です。この関数を使って、セルの書式、アドレス、内容などを調べること...

続きを読む

ERROR.TYPE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのERROR.TYPE関数の使い方 この記事では、ExcelのERROR.TYPE関数の使い方について解説します。ERROR.TYPE関数は、セルに表示されているエラー...

続きを読む

ERROR.TYPE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのERROR.TYPE関数の使い方 ExcelのERROR.TYPE関数は、エラー値を返すセルを評価し、エラーの種類に対応する数値を返す関数です。この関数は、エラーが発...

続きを読む

INFO関数の詳細解説(Excel)

ExcelのINFO関数の使い方 ExcelのINFO関数は、現在のExcel環境やシステムに関する情報を提供する関数です。この関数は、ワークシート上でExcel環境に関する情報...

続きを読む

ISBLANK関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISBLANK関数の使い方 Excelには、セルが空白かどうかを判定するためのISBLANK関数が用意されています。この記事では、ISBLANK関数の使い方について、...

続きを読む

ISERR関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISERR関数の使い方について解説 Excelでは、様々な関数が用意されており、その中の一つに「ISERR関数」があります。この記事では、ExcelのISERR関数の...

続きを読む

ISERROR関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISERROR関数の使い方 ExcelのISERROR関数は、セルにエラーが存在するかどうかを判定する関数です。エラーが存在する場合はTRUEを返し、存在しない場合は...

続きを読む

ISEVEN関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISEVEN関数の使い方 ExcelのISEVEN関数は、指定した数値が偶数かどうかを判定する関数です。偶数であればTRUEを返し、奇数であればFALSEを返します。...

続きを読む

ISFORMULA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISFORMULA関数の使い方 ExcelのISFORMULA関数は、指定したセルに数式が入力されているかどうかを判定する関数です。数式が入力されている場合はTRUE...

続きを読む

ISLOGICAL関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISLOGICAL関数の使い方 ExcelのISLOGICAL関数は、指定したセルの値が論理値(TRUEまたはFALSE)かどうかを判定する関数です。論理値である場合...

続きを読む

ISNA 関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISNA関数の使い方 ExcelのISNA関数は、指定したセルの値が「#N/A」というエラーかどうかを判定する関数です。エラーである場合はTRUEを返し、そうでない場...

続きを読む

ISNONTEXT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISNONTEXT関数の使い方 ExcelのISNONTEXT関数は、セルの値が非テキスト値(数値、日付、ブール値、エラーなど)であるかどうかを判断する関数です。この...

続きを読む

ISNUMBER関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISNUMBER関数の使い方を解説! Microsoft Excelには、様々な関数が用意されており、データ分析や処理を効率的に行うことができます。今回は、その中でも...

続きを読む

ISODD関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISODD関数の使い方 Excelには、さまざまな関数が用意されており、これらを活用することで簡単に数値データを操作することができます。今回は、数値が奇数であるかどう...

続きを読む

ISREF関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISREF関数の使い方について この記事では、Excelの「ISREF関数」の使い方について解説します。ISREF関数は、指定したセルが参照であるかどうかを判断する関...

続きを読む

ISTEXT関数の詳細解説(Excel)

ExcelのISTEXT関数の使い方 ExcelのISTEXT関数は、指定されたセルの値がテキストであるかどうかを判断する関数です。セルの値がテキストの場合はTRUEを、それ以外...

続きを読む

N関数の詳細解説(Excel)

ExcelのN関数の使い方 この記事では、ExcelのN関数の使い方について解説します。N関数は、値が数値の場合にその値を返し、数値以外の場合には0を返す関数です。書式は以下の通...

続きを読む

NA関数の詳細解説(Excel)

ExcelのNA関数の使い方 この記事では、ExcelのNA関数の使い方について解説します。NA関数は、エラー値「#N/A」を返す関数で、データが見つからない場合や入力が不適切な...

続きを読む

PHONETIC関数の詳細解説(Excel)

ExcelのPHONETIC関数の使い方 この記事では、ExcelのPHONETIC関数の使い方について解説します。PHONETIC関数は、セル内の文字列の読み仮名(フリガナ)を...

続きを読む

SHEET関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSHEET関数の使い方 この記事では、Excelの「SHEET関数」について解説します。SHEET関数は、特定のシートまたは参照のシート番号を返す関数です。書式は以下...

続きを読む

SHEETS関数の詳細解説(Excel)

ExcelのSHEETS関数の使い方 この記事では、Excelの「SHEETS関数」について解説します。SHEETS関数は、ワークブック内のシート数、または特定の参照範囲に含まれ...

続きを読む

TYPE関数の詳細解説(Excel)

ExcelのTYPE関数の使い方 ExcelのTYPE関数は、指定したセルのデータ型を数値で返す関数です。この記事では、TYPE関数の使い方や引数について、初級者の方でも理解でき...

続きを読む

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました