Microsoft Word, Excel, PowerPointで共通のショートカットキーを使いこなそう!

Microsoft Word, Excel, PowerPointで共通のショートカットキーを使いこなそう!

この記事では、Microsoft Word、Excel、および PowerPointで共通のショートカットキーについて紹介します。これらのショートカットキーを覚えて使いこなすことで、作業効率を向上させることができます。

共通ショートカットキー一覧

  1. Ctrl + N: 新しい文書/ブック/プレゼンテーションを作成
  2. Ctrl + O: 文書/ブック/プレゼンテーションを開く
  3. Ctrl + S: 文書/ブック/プレゼンテーションを保存
  4. Ctrl + P: 印刷
  5. Ctrl + X: 切り取り
  6. Ctrl + C: コピー
  7. Ctrl + V: 貼り付け
  8. Ctrl + Z: 元に戻す
  9. Ctrl + Y: やり直し
  10. Ctrl + A: すべて選択
  11. Ctrl + F: 検索
  12. Ctrl + H: 置換
  13. Ctrl + B: 太字
  14. Ctrl + I: 斜体
  15. Ctrl + U: 下線
  16. Ctrl + K: ハイパーリンクの挿入
  17. Ctrl + W: 文書/ブック/プレゼンテーションを閉じる
  18. F12: 「名前を付けて保存」ダイアログボックスを開く

ショートカットキーを活用して効率を向上させよう

これらのショートカットキーは、Microsoft Word、Excel、および PowerPoint の各アプリケーション間で共通しているため、ひとつのショートカットキーを覚えるだけで、複数のアプリケーションで作業効率を向上させることができます。普段から意識してショートカットキーを使うことで、徐々に自然と使えるようになり、作業スピードがアップします。

まとめ

Microsoft Word、Excel、および PowerPointで共通のショートカットキーを覚えて使いこなすことで、生産性を向上させることができます。タスクをより迅速かつ効率的にこなすことで、時間を節約し、他の重要な作業に集中できるようになります。今回紹介したショートカットキーを活用して、Microsoft Officeの各アプリケーションでの作業をスムーズに進めましょう。

練習を重ねてショートカットキーを身につけよう

最初は意識してショートカットキーを使用する必要がありますが、練習を重ねることで徐々に自然と使えるようになります。日々の作業中に積極的にショートカットキーを使うことで、だんだんと慣れていき、無意識のうちに使えるようになるでしょう。

ショートカットキーを覚えるためには、最初に基本的なものから始め、徐々に応用的なショートカットキーにも挑戦してみると良いでしょう。また、作業環境に合わせてショートカットキーをカスタマイズすることもできますので、独自の効率的な作業スタイルを築くことが可能です。

今後のアップデートにも注目しよう

Microsoft Officeは定期的にアップデートが行われており、新しい機能が追加されることがあります。そのため、今後も新しいショートカットキーが追加される可能性があります。アップデート情報に注目し、最新のショートカットキーを取り入れて作業効率をさらに向上させましょう。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました