エクセルにおける足し算のやり方

計算式をコピーする(2/3)

  1. 足し算を使った計算式の作成
  2. 計算式をコピーする
  3. オートSUMを使って広い範囲の数値をすべて足す

エクセルの計算表作成においては
「先頭に1つ、セル名を指定した計算式を作る。他はそれをコピーして埋める。」
という方法を採用することがコツとなります。
コピーすると「2つ左のセル+1つ左のセル」のような計算情報がコピーされます。

すでにセルE3に1つ作ってあるのでこれをコピーします。
まずセルE3をアクティブにします。
それからアクティブセルの右下(フィルハンドル)を下へドラッグします。

セルE9までドラッグし、コピーしてください。

それぞれで「2つ左のセル+1つ左のセル」がなされます。

※なお引き算には「-」を使います。掛け算には「*」を使います。割り算には「/」を使います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。