エクセルでのネイピア数の取り扱い

Excelではネイピア数/ネピア数(ネイピア定数e/ Napier’s constant)を表現するために以下の主な関数が提供されています:

  1. EXP関数:EXP関数は、引数として指定した数値のネイピア数(e)のべき乗を計算します。つまり、EXP(x)はe^xを計算します。例えば、「=EXP(1)」はネイピア数eを返します(≈2.71828)。

    数値のネイピア数(e)のべき乗を計算するEXP関数

    数値のネイピア数(e)のべき乗を計算するEXP関数

  2. LN関数:LN関数は、引数として指定した数値の自然対数(ネイピア数eを底とする対数)を計算します。つまり、LN(x)はlog_e(x)を計算します。例えば、「=LN(EXP(1))」は1を返します。

    数値の自然対数(ネイピア数eを底とする対数)を計算するLN関数

    数値の自然対数(ネイピア数eを底とする対数)を計算するLN関数

これらの関数を使ってExcel上でネイピア数(e)を表現したり、ネイピア数を用いた計算を実行することができます。

参考ページ:対数を計算するための関数リスト

対数を計算するための関数リスト
Excelでは、対数を計算するための複数の関数が用意されています。以下にその主なものをリストアップします: 詳しくは各関数のリンク先をご確認ください。 LOG関数: この関数は指定した基数の対数を返します。基数を省略した場合、LOG関数は1...

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました