時刻を自動作成する乱数式

24時間以内の時間データを作成する乱数式をご紹介します。そのままコピペしてご利用ください。ミリ秒は発生しません。確定後は表示形式を「時刻」としてください。

=TIME(RANDBETWEEN(0,23),RANDBETWEEN(0,59),RANDBETWEEN(0,59))

「秒」の部分が不要ならば

=TIME(RANDBETWEEN(0,23),RANDBETWEEN(0,59),0)

となります。なお13:00~20:00(19:59:59)とするならば

=TIME(RANDBETWEEN(13,19),RANDBETWEEN(0,59),RANDBETWEEN(0,59))

となります。


「RANDBETWEEN(最小値,最大値)」では範囲内の乱数が整数形式で作成されます。

「TIME(時,分,秒)」では整数で指定した情報を連結し、1つの時刻データが作成されます。

ミリ秒を追加する場合には、後部に「+RANDBETWEEN(0,999)/24/3600/1000」を付け足します(1/24が1時間であるので、この式が導かれる)。すなわち

=TIME(RANDBETWEEN(0,23),RANDBETWEEN(0,59),RANDBETWEEN(0,59))+RANDBETWEEN(0,999)/24/3600/1000

となります。表示形式は「h:mm:ss.000」としてください。

スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

    コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。