セルをクリックするたびに再計算が行われるVBAマクロの設置

Excelでセルをクリックするたびに再計算が行われるVBAマクロの設置方法

ExcelでRAND関数やNOW関数のように変化する計算式を使用している場合、セルをクリックするたびに再計算を行いたいことがあります。今回は、セルをクリックするたびにワークシート全体が再計算されるVBAマクロの設置方法について詳しく解説します。

 VBAエディターを開く

まず、ExcelのVBAエディターを開きます。以下の手順に従ってください。

  1. Excelを開き、再計算を行いたいワークシートを選択します。
  2. Alt + F11 を押してVBAエディターを開きます。

対象ワークシートのコードウィンドウを開く

次に、再計算を行いたいワークシートのコードウィンドウを開きます。

  1. 左側の「プロジェクトエクスプローラー」から対象のワークシート(例:Sheet甲)を選択し、ダブルクリックします。

 VBAコードを入力

開いたコードウィンドウに以下のコードを入力します。このコードは、セルをクリックするたびにワークシート全体を再計算します。

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
    ' ワークシート全体を再計算
    Me.Calculate
End Sub

コードを保存

VBAエディターを閉じて、変更を保存します。

動作確認

Excelに戻り、ワークシート内の任意のセルをクリックして、再計算が行われることを確認します。

注意

このVBAコードを挿入するとこのシート上ではコピーペーストができなくなります。セルクリック時に再計算をし、コピーしたデータが解放されてしまいます。このシートでもコピーペーストをしたい場合には「クリップボード」を起動してください。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました