COUNT系

Excel

COUNTIF関数で特定の文字・数値のセルを数える

範囲内の、特定の文字・数値が入力されているセルを数える関数がCOUNTIF関数です。 ここではB2:B6の中に「黒」が何セルあるかをセルE2に算出してみます。 COUNTIF関数は2つの引数が必要です。書式は =COU...
Excel

関数で空白以外のセルを数える

範囲内の、空白セルでないセルを数える関数がCOUNTA関数です。 範囲内の「空白以外のセル数」がわかります。 =COUNTA(範囲) という書式です。 具体的には =COUNTA(B2:B9) のように使います。 ...
Excel

関数で空白セルを数える

COUNTBLANK関数を用いると範囲内の空白セルを数えさせることができます。 =COUNTBLANK(範囲) という書式です。 具体的には =COUNTBLANK(B2:B9) のように使います。
タイトルとURLをコピーしました