小数点以下の数値を切り捨てる

小数点以下の数値を切り捨てし、整数に変換する関数には「INT」と「ROUNDDOWN」があります。

  1. INT(数値)
  2. ROUNDDOWN(数値,0)

のいずれかをご利用ください。ROUNDDOWN関数を採用する場合は第2引数(桁数)欄に、「0」を指定します(整数化されます)。

以下はA列の数値をINT関数(B列)とROUNDDOWN関数(C列)で処理した結果画像です。正の数の場合は同じ結果になります。負の数の場合は異なる結果になります。

  • B2=INT(A2)
  • C2=ROUNDDOWN(A2,0)
  • B3=INT(A3)
  • C3=ROUNDDOWN(A3,0)

ROWNDDOWN関数では単純に整数化されます。ゼロに近い側の整数になるのです。

負の数に対してINT関数を用いると切り上げされます。-∞値方向側の整数になるのです。

サンプルファイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク