セルの保護(入力可能なセルを限定する)

操作手順

セルの内容を変更・消去されないように保護する方法をご紹介します。
基本的な考え方としては「特定のセルのみ更新可能にするが、シート内の他のセルはすべて保護する」「特定のセルのみ保護対象外とし、他はすべて保護する」となります。


以下のようなシートにて、「太枠のセルのみ保護の対象外とし、他はすべて保護」とします。
そうすれば太枠のセル以外は変更・消去されることがなくなります。

(セルの保護(入力可能なセルを限定する).xlsx)

手順は以下のようになります。

  1. 保護対象外としたいセルの[保護・ロック]属性を解除しておく
  2. シート全体を保護する

保護しない太枠のセルを選択して[セルの書式設定]をします(右クリックなどから)。

標準では【保護】タブの[ロック]にチェックが付いていますがこれを解除します。

[書式]→[シートの保護]と進みます。

保護の解除にパスワードを要求させることができます。

シートの保護をしたあとも、[ロック]のチェックを解除したセルでは変更・削除ができます。
他のセルでは変更・削除ができません。

※[ロック]のチェックを解除していないセルに対して変更・削除をしようとすると以下のメッセージが表示されます

シートの保護の解除は[書式]ボタンを使います。そうすればすべてのセルで変更・削除可能になります。

まとめ

そもそも[シートの保護]をするとシート内すべてのセルで変更・削除ができなくなります。
そこで[シート保護の対象外のセル]を作成してから[シートの保護]をするのです。

セルを[シート保護の対象外]とするには【保護】[ロック]をオフにします。
このチェックは標準でオンになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。