日付から曜日名を求める(応用編)

WEEKDAY関数 第2引数「1」

エクセルにおいて日付データから曜日名を求めるにはいくつかの方法があります。
シンプルな手法は別記事[日付から曜日名を求める(簡易編)]をご参照ください。

ここでは「日→月→火→水→木→金→土」の順にまとめるなど、後加工しやすい別の手法をご紹介します。

まず、曜日情報を検査したい日付セルに対し、WEEKDAY関数を用います。
=WEEKDAY(日付,1)
のようにセットします。
第2引数に「1」を使うと

  • 日曜日なら「1」
  • 月曜日なら「2」
  • 火曜日なら「3」
  • 水曜日なら「4」
  • 木曜日なら「5」
  • 金曜日なら「6」
  • 土曜日なら「7」

が返されます。セルB2の曜日情報を県際する際は、
=WEEKDAY(B2,1)
のようになります。

あとは

  • 1→日
  • 2→月
  • 3→火
  • 4→水
  • 5→木
  • 6→金
  • 7→土

に変換します。VLOOKUP関数を使います。
以下のような表を無関係な場所に作成します。

1
2
3
4
5
6
7

サンプルではセルF2:G8に作成しました。

曜日番号をC列に作成してある場合には、以下のような計算式で曜日名が求められます。
=VLOOKUP(C2,$F$2:$G$8,2,FALSE)

WEEKDAY関数 第2引数「2」

以下は補足です。
WEEKDAY関数の第2引数に「2」を採用すると「月曜日が1」となります。
=WEEKDAY(日付,2)
とした際は以下のように返されます。

  • 月曜日なら「1」
  • 火曜日なら「2」
  • 水曜日なら「3」
  • 木曜日なら「4」
  • 金曜日なら「5」
  • 土曜日なら「6」
  • 日曜日なら「7」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。