日付から曜日名を求める(簡易編)

エクセルにおいて日付データから曜日名を求めるにはいくつかの方法があります。
ここではシンプルな手法をご紹介します。
使用するのはTEXT関数です。
=TEXT(値,表示形式)
のように使います。
第2引数「表示形式」は表示形式記号を「”」で囲みます(文字列状態で指定する)。

具体的には
=TEXT(日付セル,"aaa")
となります。「“aaa”」は曜日名を意味する表示形式記号です。
セルB2が日付セルならば
=TEXT(B2,"aaa")
とすることでセルB2の曜日名が取得できます。


(C列にB列の曜日名を取得させた)

曜日名を取得するだけならば上記の方法さえ知っておけばよいでしょう。

問題は「日→月→火→水→木→金→土」の順でまとめたい場合です。
TEXT関数で取得した曜日名をキーとして並べ替えても意図した順番にはなりません。

もし以下のように「日→月→火→水→木→金→土」の順でまとめたい場合にはWEEKDAY関数を用いる方法で曜日名を取得する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。