特定の曜日の行・セルに条件付き書式を設定する

『日曜日』の場合に色を塗る

以下のような表において「B列の日付が『日曜日』の場合に色を塗る」といったような条件付き書式を設定できます。
以下のサンプル表において[ホーム・条件付き書式][新しいルール]を使い書式を設定します。

「B列の日付が『日曜日』である」は
=WEEKDAY(B列,1)=1
となります。
第2引数に「1」を用いたWEEKDAY関数は「日曜日=1,月曜日=2,…土曜日=7」と返す関数です。
第1引数には曜日を検査する日付セルを指定します。
また条件付き書式のルール適合検査に関数を用いる場合には【数式を使用して、書式設定するセルを決定】を選択します。
そして数式欄には
=WEEKDAY($B2,1)=1
を設定します。複数列同時に書式を設定する際には最上行のケースを数式欄に指定します。
ここでは最上行は2行目です。
すなわち「B2」を検査セルにします。
なお2行目では「B2」を検査してもらうことになりますが、3行目では「B3」、4行目では「B4」…を検査してもらいます。したがって「$B$2」となっている場合は「2」の前にある絶対参照キー($)を外し「$B2」とします。
どの行でもB列を検査対象とするので「B」の前の絶対参照キー($)は必須です。

塗りつぶしの色を設定すると以下のようになります。

『土曜日か日曜日』の場合に色を塗る

さて「B列の日付が『土曜日』か『日曜日』の場合に色を塗る」としたい場合にはどうすればよいのでしょうか?
このケースでは
=WEEKDAY(B列,2)>=6
となります。
第2引数に「2」を用いたWEEKDAY関数は「月曜日=1,火曜日=2,…土曜日=6,日曜日=7」と返す関数です。月曜日が週の開始日になります。
したがって「WEEKDAY(B列,2)」の結果が「6以上」を検査用数式とします。
実際には
=WEEKDAY($B2,2)>=6
とすればよいわけです。

このような手法で土日の行に書式を適用させることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。