COUNTIF関数で特定の文字「以外」を数える

COUNTIF関数

COUNTIF関数で特定の文字以外を数える方法を学習します。

COUNTIF関数の書式は
=COUNTIF(範囲,検索条件)
となります。ここでは[検索条件]において「○○以外」を指定してみます。

その前に準備として以下の表のB列の中に、各カラーは何セルあるのかを数えるCOUNTIF関数をセルE2以下に作成してみます。
=COUNTIF($B$2:$B$11,D2)
[検索条件]に空白セル(D5)が採用されても認識されていないことに注意をしてください。
認識させたい場合にはセルD5に「」を入力してください。

「以外」基本形

次にセルF2に、B2:B10において「緑 以外」が何セルあるかを指定します。
このケースでは検索条件に
"<>緑"
と指定します。「<>」が以外の意味です(「=」の反対)。この2つを「」で囲みます。
=COUNTIF(B2:B11,"<>緑")

「以外」の指定にセルを採用する

次にセルF2に作成した計算式をF5までコピーできるように修正します。
[検索条件]を「緑 以外」から「セルD2 以外」に変更します。ここでは
"<>" & D2
とします。セルを指定する際には「”」で囲みません。外側に記述します。
また”<>”とD2はそのままでは1つの条件とみなされませんので、半角の「&」で結合する必要があります。

したがって以下のように変更します。[範囲]は下にコピーすることを考慮して絶対参照にしておきます。
=COUNTIF($B$2:$B$11,"<>"&D2)

F2に作成した計算式をF5までコピーして結果を確認します。
「以外」に指定の際にはセルD5の空欄が正しく認識されています。
気になったらセルD5に半角の「’」を入力しておいてください。

完成サンプルファイルのダウンロード

スポンサーリンク
スポンサーリンク