関数で空白以外のセルを数える

範囲内の、空白セルでないセルを数える関数がCOUNTA関数です。

範囲内の「空白以外のセル数」がわかります。
=COUNTA(範囲)
という書式です。

具体的には
=COUNTA(B2:B9)
のように使います。

逆に「空白のセル数」を調査したい場合にはCOUNTBLANK関数を用います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク