SDCZ430-016G ベンチマーク|ReadyBoost用途のUSBメモリー

SanDiskの小型USBメモリーSDCZ430-016G(16GB)を2018年03月に購入したのでベンチマークを取りました。

「SDCZ430」シリーズの容量別一覧はこちら↓

exFATでフォーマットしています(購入時はFAT32)。


Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 116.569 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 15.203 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 8.145 MB/s [ 1988.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.353 MB/s [ 330.3 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 136.318 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 26.635 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 8.207 MB/s [ 2003.7 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.386 MB/s [ 338.4 IOPS]

Test : 1024 MiB [D: 0.0% (0.0/14.3 GiB)] (x1) [Interval=5 sec]

ベンチマーク直後は熱くなっていますが、しばらくすると大分おさまります。

昨年購入した「SDCZ43-032G-GAM46」よりもランダムリード(左下の4Kスコア)が速いので低速HDD搭載のPCにおけるReadyBoostを使った高速化に適していそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。