アルファベットにルビ・ふりがなを登録する

Excelではデータ入力時に読み情報、フリガナ情報も記録されます。
これらの情報は<ふりがなの表示/非表示>ボタンをオンにすれば表示できます。
また、PHONETIC関数で別の位置に表示させることもできます。

下記のサンプルをご覧ください。
B列にデータを入力し、<ふりがなの表示/非表示>ボタンをオンにしました。
C列にはPHONETIC関数を用いてB列の読み情報を表示させています。

しかしながらアルファベットはアルファベットとしてそのまま取り扱われます。
したがって「MTT→エムティーティー」のようには扱われないのです。
アルファベットに独自の読み情報を登録させるには、セル内・もしくは数式バー内で範囲選択し、<ふりがなの表示/非表示>→<ふりがなの編集>と進みます。

読み情報を入力できるようになります。入力後はカーソルが消えるまで{Enter}キーを押し確定します(2回)。

アルファベットへ読み情報を登録する作業が完了しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。