Word 2016と2013における「テーマのフォント:Office」の違い

Word(Office アプリ)には標準で使用する「見出し用のフォント・本文用のフォント」がそれぞれ設定されています。
厳密には次の4つのフォントセットが設定されています。
※標準で使用することになっているフォントセットには「Office」という名前が付いています。

  1. 見出しのフォント(英数字)
  2. 本文のフォント(英数字)
  3. 見出しのフォント(日本語)
  4. 本文のフォント(日本語)

ところがWord 2016と Word 2013とでは標準で設定されているフォントセットが異なるのです。
以下に違いをまとめました。

フォントセット名 Office
Officeバージョン 2016 2013
見出しのフォント(英数字) 游ゴシック Light Arial
本文のフォント(英数字) 游明朝 Century
見出しのフォント(日本語) 游ゴシック Light MS ゴシック
本文のフォント(日本語) 游明朝 MS 明朝

Word 2016にて、Word 2013以下のバージョンと同じフォントセットを使いたい場合には、そのセットを登録する必要があります。

以下の手順をご参照の上、登録してください。
登録は一度だけでOKです。

登録方法

  • 「デザインタブ・フォント・フォントのカスタマイズ」
  • 2013バージョンのフォントを登録
  • 「名前」欄に任意の名前(「Office 2013 セット」など)を設定して保存

保存後は、「デザインタブ・フォント」から「ユーザー定義○○」から再利用可能になります(上図サンプルならば「Office 2013 セット」)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。