数式バーの高さを拡張する・数式バー内で改行する

関数を使った計算式など、長くなる場合は数式バーを複数行の高さにして見やすく調整することができます。

数式バーを高くするには下側をドラッグするだけです。

下図のように拡張可能です。
これほど高さが必要ない、というシーンでは1行分の高さにしておけばよいでしょう。

なお「数式バー内で改行」をするならば、改行したい部分にカーソルを置いて

{Alt}+{Enter}

をします。

下図のように自由に改行を入れることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。